TwitterSpaces(ツイッタースペース)使い方【画像付き】

音声配信

ついにβテストを経て、フォロワー600人以上のアカウントから使用可能になった、ツイッターの音声配信サービス「TwitterSpaces(ツイッタースペース)」。

TwitterSpaces(ツイッタースペース)いつから?やり方は?収益化は?

5月 4, 2021

本記事では、TwitterSpaces(ツイッタースペース)の使い方を紹介します。

ぜひ最後まで読んで、ツイッタースペースを使って音声配信を楽しんでください!

TwitterSpaces(ツイッタースペース)使い方【画像付き】

  • TwitterSpaces(ツイッタースペース)の始め方
  • TwitterSpaces(ツイッタースペース)メンバー招待の方法
  • TwitterSpaces(ツイッタースペース)字幕の出し方

TwitterSpaces(ツイッタースペース)の始め方

ツイッターアプリのホーム画面で「+」マークを押すと、一番上に「スペース」のアイコンがあるのでタップ。

初めて使うときはメッセージが出てくるので「はじめる」をタップ。

初めて使うときはツイッターアプリにマイクの権限が許可されてないので、スマホの設定画面でツイッターアプリのマイクの権限をオンにする。

スペースの名前(Clubhouseで言うトークルームの名前)を付けて「スペースを開始」をタップ。

現在のところ、「だれでも参加できる」スペースのみ作成可能です。

今後、プライベート機能(リンクを知ってる人のみ参加可能)などが実装されると予想されます。

スペースが開始されます。

スペースを終了したいときは、画面右上の「終了」をタップ。

メッセージが出てくるので「終了する」をタップすると、スペースを終了できます。

左下のマイクのアイコンからマイクのオン/オフの切り替えができます。

TwitterSpaces(ツイッタースペース)メンバー招待の方法

画面下にある人のアイコンをタップ。

画面下にある「スピーカーを追加」をタップ。

招待したい人の名前を検索。

 

招待したい人にチェックをして「スペースに招待」をタップ。

スペースに招待することができる。

招待をキャンセルする場合は、「招待をキャンセル」をタップする。

ちなみに、招待した相手にはDMが届きます。

「聞いてみる」をタップしてもらうと、スペースに参加してもらえます。

TwitterSpaces(ツイッタースペース)字幕の出し方

字幕を出したいときは、画面下の「…」をタップして「キャプションを表示」をタップ。

自分が話した内容が表示されます。

表示されるタイミングは若干遅いですが、自動文字起こしの精度はかなり高いです

ちなみに、リスナーとして参加した部屋でも字幕を表示させることができるので、「音を消して文字だけ読む」という使い方も可能です。

TwitterSpaces(ツイッタースペース)使い方【画像付き】まとめ

おなじみのTwitterアプリで、気軽に音声配信を楽しみましょう!

TwitterSpaces_clubhouse_000

TwitterSpaces(ツイッタースペース)とClubhouse(クラブハウス)の違い

2月 23, 2021

TwitterSpaces(ツイッタースペース)いつから?やり方は?収益化は?

5月 4, 2021