USB外付けマイクBlueYeti用の風防セットを買った5つの感想

mofu_good 音声配信

USB外付けマイクの定番BlueYeti

せっかくなら、風防もつけてさらに音質にこだわりたいですよね。

本記事では、USB外付けマイクBlueYeti用の風防セットを買った5つの感想を紹介します。

ぜひ最後まで読んで、風防セットをお試しください!

USB外付けマイクBlueYeti用の風防セットを買った5つの感想

  • サイズ感ほぼピッタリ
  • 風の雑音を軽減できた
  • 収録音が小さくなることはない
  • モフモフの見た目がスゴイ
  • 買ってよかった

サイズ感ほぼピッタリ

Amazonで他の風防セットのレビューにあったのが、「装着しようと引っ張ったら破れた」というレビューがありました。

「それは嫌だな~。でも、ピッタリの装着感は欲しいな~」
そう思っていましたが、その心配は杞憂に終わりました。

サイズ感ピッタリでした!

特に、毛がモフモフしている方(以下、モフモフ)は、紐が付いているので、パーカーのフードように絞ることができます。

さらに装着感がアップして満足です!

※マイクの頭頂部の空洞について

スポンジ、モフモフ共にマイクの頭頂部の空洞に若干の空洞ができます。

しかし、そこまで不満はありません。

理由は、

・本当に若干の空洞だからパッと見ではわからない
BlueYetiはマイクの側面部で音を拾うので収録音に影響がない

個人的には、「製造技術的にこれが限界かな?」と思ってます。

風の雑音を軽減できた

30cmほどマイクと距離をとり、マイクにモフモフを付けずに息を思いっきり吹きかけました。

すると、わずかですが風の雑音が入りました。

マイクにモフモフを装着して同じように試したところ、風の雑音は入りませんでした

風の雑音を軽減できることがわかりました。

収録音が小さくなることはない

「マイクにスポンジやモフモフを被せているのだから、収録音が小さくなってしまうのでは?」

そう心配しましたが、ぜんぜんそんなことはありませんでした

適切な音量で、クリアに収録できました。

※「BlueYetiが高機能がゆえに、音を拾いすぎて音割れしちゃう」

と、お悩みの方はコチラの記事をご参考まで。

blueyeti_00

0円でできる!USB外付けマイクの定番Blue Yetiで「音を拾いすぎる」と感じたときの3つの対策

1月 13, 2021

モフモフの見た目がスゴイ

mofu2

この感想に記事に追加するか迷いましたが、やはり見た目については触れさせてください!

一見すると「まるでモルモット?」のような風貌です。(風防だけに)

かなり手触りも気持ちよくて、ついつい触ってしまいます。

小学生の娘も「なにこれー!」とよろこんでいました。

マイクの見た目にもこだわりたい人は、モフモフを強くオススメします!

買ってよかった

Amazonで他の商品のレビューをしっかり見たので、品質にはこだわりました。

他の商品では、

「スポンジの素材がボロボロになりそうで怖い」

「マイクに入らない」

などの少し残念なレビューもありました。

mofu_amazon

今回選んだ風防セットは約1400円で他の商品と比べると割高です(他の商品は400円~1000円くらい)

ですが、安物買いの銭失いも嫌だったので、思い切って少し高いですが、今回の風防セットを買いました

結果、後悔はしてません。満足しているので、買ってよかったです。

USB外付けマイクBlueYeti用の風防セットを買った5つの感想 まとめ

いかがでしたでしょうか?

「せっかくのBlueYetiだから風防セットも使ってみたい」

「モフモフを触ってみたい」

そう思いませんでしたか?

ぜひ、この風防セットを使って、BlueYetiの音質を向上させていきましょう!